本文へスキップ

ヘルシー池田店は安心と美味しさをお届けします。

電話でのお問い合わせは072-753-3245

メールでのお問い合わせはこちら

商品詳細item detail

 MU63499
 シャボン玉 
 酸素系 漂白剤

写真
製造
販売元
シャボン玉せっけん
商品名  酸素系 漂白剤
商品コード  MU63499
内容量 750g
税込価格
(税抜価格)
432円(400円)
原材料 過炭酸ナトリウム(酸素系)
備考
○酸素系の漂白剤なので安心して使って頂けます。

漂白、除菌、除臭効果があります。木綿、麻、化学繊維などの色柄物、
白物にも安心してご使用頂けます。

しみぬきとしてご使用頂けます。
(コーヒー、紅茶、緑茶、果物、調味料の汁などによるシミ)
ふきん、おしぼりの漂白、除菌、除臭。茶しぶの漂白等にご使用ください。

[使用方法]
標準使用量を目安に適量をご使用ください。
冷水より温水の方が早く効果が出ます。
湯に溶かした濃いめの液を目立たない部分につけて5分ほどおいてください。
衣類に直接かけず、よく水に溶かしてください。

〔風呂釜の掃除方法〕
 @一つ穴(二つ穴も)がつかるくらいに水(お風呂の残り湯も可)を張ります。
 Aその中に酸素系漂白剤を100g程入れます。
  (汚れ具合に応じて漂白剤の量は変更してください)
 Bその後、10分くらい沸かします。
  カスが出なくなれば火を止めます。
  後は、汚れた水を排水しカスが出なくなるまでホースなどで
  充分洗い流してください。
また、追い炊き機能のないタイプは、同じように水を張り、火をつけずに
酸素系漂白剤を入れたまま翌朝までつけ置きします。
この場合は、洗面器など漂白したい物も一緒につけ置きできます。
後はホースで洗い流し、穴の内部は歯ブラシなどでこすって良くすすいでください。

〔排水口のニオイやつまりがある時〕
@30〜50℃のお湯を排水口に流す。
A酸素系漂白剤を約500g程度排水口に流し、熱湯をその上から軽く流す。
B2〜3時間おく。
C30〜50℃のお湯を全体に流す。
市販のパイプクリーナーは、合成界面活性剤やその他の化学物質が
配合されていますので、お勧め出来ません。

※効果が落ちますので、塩素系漂白剤や還元系漂白剤と併用、混合しないでください。
※水洗いできない繊維には使わないでください。
※熱湯では使用しないでください。
酸素系漂白剤が使えないもの
デリケートな繊維のシルクやウール、水洗いの出来ない衣類、含金属染料で染めた衣類、
金属製の容器・ボタン・バックル、漆器などです。


酸素系なので色柄もののお洗濯にもご使用いただけます。
台所の除菌・除臭にもどうぞ。

原料の過炭酸ナトリウムは、水に溶けると過酸化水素と炭酸ソーダに分解し、
この分解により酸素が発生し、漂白効果が現れる物質です。

酸素系漂白剤は 30℃〜50℃のお湯に溶かして使用するのがおすすめ。
基本的に、漂白剤は温度が高いほうが漂白効果は高くなりますが、
温度が高すぎると漂白の作用が急激に働き、十分な効果が得られず、
高温のため素材を傷める場合がございますのでご注意ください。


通常の洗濯の場合酸素系漂白剤を併用すると洗浄力がアップします。
(ただし上記の酸素系漂白剤が使えないものに注意)


「酸素系漂白剤」は、一般の塩素系漂白剤よりも漂白力は穏やかなので、
色柄物の衣類にも使用できます。

一般に多い「塩素系漂白剤」は次亜塩素酸ナトリウムと水酸化ナトリウムで、
使用する場合は必ず換気をする、長期間の使用を避けるなどの注意と、
炊事用手袋などの着用が必要です。
また、原液や高温で使用すると、気分が悪くなったり、
気管を痛めたりする場合がありますので、「酸素系漂白剤」がおすすめです。

ショップ情報

ヘルシー池田店

〒563-0021
大阪府池田市畑1-6-28
南マンション1F
TEL.072-753-3245
FAX.072-753-3285
spvf3ma9@utopia.ocn.jp
→ショップ案内